Jump to content


Photo

GDVの特徴

GDVの特徴 GDV EPC EPI Korotkov

  • Please log in to reply
No replies to this topic

#1 Korotkov

Korotkov

    Administrator

  • Administrators
  • 569 posts

Posted 03 August 2014 - 12:58 PM

GDVの特徴

▼非浸襲
GDVは測定によって血液を採取する等、身体を傷つけることはありません。
ですので測定を受ける方への負担が少なく、何度も測定することが可能です。

▼短時間
GDVはカメラによる撮影から解析まで10~15分程度で終了します(但し、被験者は測定前に15分安静にします)。

▼低コスト
GDVは1回の測定で発生するコストが低く、経済的に利用できます。

▼分かりやすい
GDVは測定結果を数値だけでなく視覚的に表示することが出来るので、
被験者の理解を容易にすることが出来ます。

▼持ち運べる
GDVは他の科学測定機器と比べて、コンパクトで持ち運びが出来ます。

他にも、動画測定により時系列的な測定が出来る、測定結果を物理学や数学で使用されるパラメータから独自の解析が行える、などの特徴があります。







Also tagged with one or more of these keywords: GDVの特徴, GDV, EPC, EPI, Korotkov

0 user(s) are reading this topic

0 members, 0 guests, 0 anonymous users